浮気問題に関するQ&A

カップルでの浮気は慰謝料請求できない?慰謝料請求するための方法は?

2020年1月5日

長年付き合っていた彼氏に浮気された…

交際期間が長かったり、彼との結婚を考えていたのに、そんな中、浮気されたら「裏切られた!」という気持ちも強いですよね。

悔しくて、慰謝料を請求したいと思う人も少なくないでしょう。

しかし、カップルでの浮気の際は、慰謝料請求ができるのでしょうか?

恋人関係であれば浮気されても慰謝料は請求できない?

恋人関係の場合、浮気は慰謝料請求の対象になるのでしょうか。

結論から言うと、

結婚していない恋人関係の場合、浮気されても相手に対して慰謝料請求はできない。

カップル間では、法的な貞操義務(夫婦が相互に配偶者以外の相手と性的関係を持たない義務)は、生じないと考えられます。

これは、恋人に浮気をされても、原則として民法709条(不法行為にる損害賠償)に基づく慰謝料の請求はできないこと指しているのです。

浮気の定義とは、人それぞれの価値観で変わってきますので、恋人同士であっても、これは浮気、これは浮気じゃないと、正確に定まらないのです。

浮気というのは、一般的な意味として、『交際相手(婚姻関係にない)との関係を保ちつつ、他の異性とも恋愛関係になる』ことを意味しています。

ポイントになるのは、『不貞行為』があったかどうかです。

不貞行為とは、『配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、婚姻、婚約、内縁関係にある人が、パートナー以外の異性と自分の自由な意思に基づいて肉体関係を持つこと』です。

不貞行為に該当してくるのは、婚姻、婚約、内縁関係にある人となってくるため、恋人関係にある際の、浮気については、原則として不貞行為には該当せず、不法行為に基づく慰謝料の支払い義務はないと考えられるのです。

 

浮気の定義や、不貞行為の基準などについては、下記記事で詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

おすすめ
浮気の定義とは?定義は人それぞれの考えで違ってくる?

2人で会ったり、食事をしたら浮気、手を繋いだら浮気、あなたはどこからが浮気だと思いますか? 浮気の考えは、実は人それぞれで微妙に違っているのです。 浮気をされた側としては、確実な証拠がない限り、『これ ...

続きを見る

 

おすすめ
不貞行為の基準はどこから?裁判で立証できる証拠も教えます!

不倫と聞くと、必ず「不貞行為」という言葉を耳にしますよね。 不倫をきっかけに離婚を考えている場合は、不貞行為の内容をしっかりと把握しておく必要があります。 不貞行為には基準があるのです。 どのような行 ...

続きを見る

 

同棲中の浮気は慰謝料請求が可能なのか

上記で説明した通り、カップル間での浮気は慰謝料請求ができません。

しかし、結婚を意識し、同棲しているカップルはどうなうのでしょうか。

同棲中に浮気が発覚し、同棲が解消した場合、慰謝料は請求できるのでしょうか。

同棲中の関係としては、「婚姻関係・婚約関係・内縁関係」が該当してきます。

婚約関係

お互い結婚していて既婚状態にあるとみなされるので、配偶者がいるということになり、慰謝料請求が可能。

婚約関係

関係上では未婚状態ですが、同棲しているということは、一つの家に二人で住むということになるため、住民票を一世帯にまとめていたり、一つの財布で生活をしていたりと、場合によっては慰謝料請求が可能になる場合もあります。

内縁関係

婚姻届を提出していないものの、婚姻の意志を持ち、夫婦同然の生活をしている状態にあります。内縁関係であれば、夫婦同然ですので、慰謝料請求が可能です。

同棲しているほとんどのカップルが婚姻関係、内縁関係にあるといえるでしょう。

①お互いが婚姻の意志を持っている

②生計を共にしているか

③お互いの親族や友人に結婚前提の付き合いであることが認められているか

④住民票の続柄が見届けの妻になっているか

上記のケースに該当すれば、慰謝料請求が可能となります。

同棲しているということは、将来を見据えて、前準備として、同棲を始めるカップルがほとんどだと思います。

しかし、婚約届を提出していない以上、同棲中に浮気をされた場合、慰謝料を請求することが可能なのか、詳しく見ていきたいと思います。

※あくまでも可能性の話になりますので、必ずしも慰謝料が請求できるとは限りません。

 

お互いが婚姻の意志を持っているか

結婚に対する意識がお互いあるか、ないかで慰謝料請求ができるか、できないかに変わってきます。

お互いが将来結婚したいと気持ちが一緒で、二人とも婚姻関係を求めているのなら、同棲中に浮気した場合、裏切り行為となるため、慰謝料請求が可能です。

 

生計を共にしているか

給料を一緒の口座に振り込んだり、光熱費や家賃など生活費を一つの財布にまとめ、お互いで共有しているのであれば、慰謝料請求が可能です。

 

お互いの親族や周囲の人たちに婚姻を前提とした付き合いであるという認識をされているか

お互いの家族や親戚、周りの友人たちから、結婚を前提とした付き合いをしていると認識されているかどうかで、慰謝料が請求できるか変わってきます。

周囲からの認識がある場合は、周りも認めた上で、生活を共にし、結婚を前提とした事実があるとみなされるため、浮気が発覚すれば、慰謝料請求が可能となります。

また、冠婚葬祭であったり、親族のみでの会合などに二人で出席していた場合も、周囲から親族と認められている証拠ですので、慰謝料請求が可能です。

 

住民票が未届の妻になっているか

住民票の続柄が、「未届の妻」になっていれば、慰謝料を請求することが可能です。

未届の妻という表記がある場合は、結婚というより事実婚とみなされます。

事実婚をする人たちは、配偶者扱いはされませんが、保険料や年金を一つにまとめたりすることは可能なのです。

事実婚は内縁関係と同じ意味合いになります。

同じ世帯に住んでいて、生計も一つにまとめているのなら、浮気された際も、慰謝料を請求することは可能なのです。

 

同棲相手に慰謝料を請求する際、注意すべきこと

同棲中に浮気をされた場合、上記のケースに該当していれば、慰謝料が請求できる場合があります。

交際相手に慰謝料を請求する際、気をつけるべきポイントをご紹介していきます。

①慰謝料請求には「時効がある」

慰謝料請求には時効があるのです。

慰謝料請求できる期限は、民法724条で定められています。

交際相手の不貞行為を知った日から3年

慰謝料請求できる期限つまり時効については、細かく民法で決められているのです。

 

②内縁関係であるという事実があるか

冒頭でもお伝えしたとおり、恋人関係である場合は、交際相手が浮気をしても慰謝料請求はできません。

婚姻関係か内縁関係にないと、慰謝料請求はできないのです。

慰謝料を請求するには、内縁関係であるという証明をしっかり揃えなければいけません。

①お互いが婚姻の意志を持っている

②生計を共にしているか

③お互いの親族や友人に結婚前提の付き合いであることが認められているか

④住民票の続柄が見届けの妻になっているか

上記のような事実がない限り、慰謝料請求は難しいでしょう。

慰謝料を請求するには、時効もあり、不貞行為の証拠も掴まないといけません。

3年という期間は長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれですが、3年の間で、あなた一人で証拠も探し、相手に慰謝料請求するのは、とても大変です。

そんなときは、プロである探偵事務所に力を借りましょう。

プロへお願いすることによって、早期解決にもなりますし、なによりあなたの負担が軽減するため、気持ちの面でも楽になるでしょう。

 

交際相手に浮気されたら誓約書を提出してもらおう!

誓約書とは

誓約書とは、相手に浮気した事実を認めさせ、浮気相手との関係を終わらせることを約束させるための文書のことです。

一定の範囲で法的効力を持たせることも可能です。

また、誓約書を書かせることで、誓約書の存在自体がパートナーと浮気相手に「二度と浮気はできない」という心理的プレッシャーを与える効果も期待できます。

 

誓約書で違約金(ペナルティー)を定めよう

冒頭でもお伝えしたとおり、カップル間では、法的な貞操義務は生じないと考えられているため、恋人に浮気されても、原則として慰謝料の請求はできないとされています。

しかし、誓約書で違約金(ペナルティ)を定めてもらうことによって、婚約関係、内縁関係になくても、慰謝料として違約金を請求することができるのです。

誓約書は、浮気防止策として、作成されます。

当事者同士の任意の約束として、

「浮気して別れることになった場合には、違約金(ペナルティー)として〇〇万円支払う」という内容の誓約書を作成します。

「浮気があり別れることになった場合には、違約金(ペナルティー)として〇〇万円を支払う」という約束を、正式に書面化することで、約束の内容を明確にすることができます。

誓約書を作成することで、浮気が発覚した際に「払うと言った」、「言っていない」というようなトラブルが起きないように、書面化することで口約束ではなく、ちゃんとした証明となるので、"うやむや"にすることができなくなります。

また、誓約書を取り交わすことによって、お互いに「浮気をしたら違約金を支払わなければならない」という心理的なプレッシャーが働くことになるため、浮気防止の効果が期待できるのです。

ただし、誓約書に反して浮気があったにもかかわらず、相手が違約金の支払いを拒否した場合、当事者間の話し合いになりますが、話し合いで解決しなければ、最終的には裁判で判決してもらうことになります。

 

誓約書の作成の仕方

誓約書の作成は、テンプレートなどがあるため、誰でも簡単に作成することができます。

しかし、交際相手に書かせる誓約書には、十分な法律知識がなければならない内容が多くあります。

特に、「不貞」、「慰謝料」「財産分与」などといった用語は、一般的に用いられることもありますが、いずれも裁判でどのように判断されているかについての、専門知識がなければなりません。

なので、専門知識のある弁護士や行政書士へ誓約書の作成を依頼することによって、正しい法律知識に基づいた誓約書を作成することができます。

 

カップルでの慰謝料請求には違約金を定めよう!

恋愛関係の浮気は、慰謝料請求ができないことを知ってもらえたかと思います。

慰謝料請求するためには、婚姻関係か内縁関係でない限りは請求が難しいです。

しかし、お付き合いしているカップルほとんどが婚姻関係、内縁関係にはないでしょう。

あなたは結婚を考えていても、彼は考えていていないかもしれません。

そういった場合は、お互い結婚に対する意識が食い違っているため、婚姻関係、内縁関係とは認められないでしょう。

あなたのような人が泣き寝入りしないためには、誓約書を提出してもらうい、違約金を払ってもらいましょう。

しかし、あなた一人で誓約書を、誓約書を作成することは可能ですが、法律に関する正確な知識がないと、実際に浮気をされた時、有効にはならないでしょう。

なので、専門である弁護士や行政書士へ依頼し、作成してもらいましょう。

また、婚姻関係や内縁関係にあったとしても、浮気をされたという有利な証拠が必要となります。

慰謝料請求には、時効があるため、あなた一人で証拠を掴むのは、そう簡単なことではありません。

その際は、プロである探偵へ依頼し、解決してもらいましょう!

パートナーの浮気に悩んでいるあなたは、まずは総合探偵社TSに無料相談をしてみると良いでしょう。全国対応24時間365日受付しており、無料で相談受付してくれます。

この機会に、一度、無料相談してみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめ!浮気問題に強い探偵事務所

離婚問題・慰謝料請求に強い「総合探偵社TS」

☑復縁・離婚・慰謝料請求に特化

☑全国24時間365日無料相談受付

☑夫婦カウンセラー、警察OBが在籍

☑調査費用が安いメディア実績多数

探偵事務所「総合探偵社TS」は、日本全国から相談を受け付ける浮気や不倫問題に特化しており、復縁・離婚に強い探偵事務所です。メディアや雑誌での実績もあり、相談者一人ひとりに沿った解決方法を提案してくれます。顧客満足度も高い探偵事務所です。

浮気や不倫問題に悩んでいるのであれば、まずは総合探偵社 TSに無料相談をしてみると良いでしょう。全国対応24時間365日受付してくれます。

また、調査費用も他の探偵事務所と比べて、安くで依頼できる探偵事務所であり、離婚問題に強い弁護にの紹介も無料で行ってくれます。

 

簡単2分!無料で利用できる「探偵探し診断」

☑復縁・離婚・慰謝料請求に特化

☑全国24時間365日無料相談受付

☑夫婦カウンセラー、警察OBが在籍

☑調査費用が安いメディア実績多数

自分に合った探偵事務所が、わずか2分で分かる無料で気軽に利用できるサービスです。簡単な質問なので、誰でもすぐに利用できます。

「自分に合った探偵事務所を知りたい」「調査費用がどのくらいかかるか知りたい」といった人は、「探偵さがしのタントくん」の探偵無料診断を試してみることをオススメします。

浮気診断ができる!業界初の成功報酬型「HAL探偵社」

☑業界初の成功報酬・後払いO.K.

☑全国無料出張・即日対応

☑3つの質問で最適なプランを提案

☑相談は匿名・無料で対応

3つの質問に答えるだけで簡単に浮気診断ができ、最適なプランを提案してくれます。

また、調査費用は分かりやすい料金設定となっており、後払いにも応じてくれるのでとても良心的です。

全国から相談を受付けており、無料で出張もしてくれるので、パートナーの浮気にお悩みであれば、まずは無料相談してみることをオススメします。

-浮気問題に関するQ&A

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.